最新情報や話題の技術を、スタッフがわかりやすくご紹介します

電話無料相談・ご予約は

047-425-8486

スタッフブログ

定期検診って何?

2017年09月09日

【定期検診って何!】 

こんにちは!ユアー歯科クリニックの歯科衛生士です。
今回は定期健診について少し書いてみようと思います。

当院では、毎日多くの方が定期健診で来院されます。
そう治療ではなく、積極的に予防に歯医者さんを利用されているんです。

定期検診の内容としては、検査とクリーニングなのですが、本来は何を目的として行っているかご存知でしょうか・・・?
虫歯のチェック、クリーニングをして歯をきれいにする、虫歯予防、歯周病予防・・・等と
様々思い浮かぶと思いますが、これらは“歯を失わないこと”を目的として行っています。 

最近では、歯が失われてしまっても、そこを補う技術があり、例えば、痛くない入れ歯(義歯)、インプラントなどの“いいもの”があります。
すでに歯を喪失してしまった方にとっては、食べられるようになるのですから最善の方法と言えるでしょう。
ただ、ご自身の歯(天然歯)よりも“いいもの”はありません。

今ある歯を守っていくためには、虫歯・歯周病予防をしていくことが重要です。
歯はきちんとケアすることで、一生使えるものなのです。決して歳をとったら失っていくものではないのです。
そこで“汚れをためない”ということが一番大事になってきます。

普段の歯磨きで、毎日100%汚れを落とせているかどうか・・・これは実際わからないものです。
全部目で見て歯磨きをするわけではないですし、特に奥歯は磨きにくい、届きにくい傾向があります。
そのうえ、歯垢(汚れ)は歯に近い色をしているので見ようとしても気づきにくいものです。

自分で歯磨きをして汚れを落とのは、実はプロの歯科医師、歯科衛生士でも難しいことなんです!

ご自身での歯磨きだけだとやはり不十分である場合が多いものです。
(そうでない方も勿論いらっしゃいます)
定期的に虫歯のチェックやクリーニングを受けられると安心ですね。
当院では3~5か月に1度の検診をお勧めしています。
ちなみに虫歯や歯周病のリスクが高い歯を集中的にケアする“PMTC”も行っています。

簡単に書きましたが、今後は少しずつ詳しく書いていこうと思います。

ご不明なことや不安なことがありましたら、無料相談も行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。


船橋駅前 予防から審美入れ歯まで「船橋で一番頼れる歯医者さん」を目指しています。
ユアー歯科クリニック(船橋駅北口)事務局

本日の院内研修は治療説明です

2017年09月06日

こんにちは!

ユアー歯科クリニック歯科医師の雨宮です。

9月に入り、気候もだんだんと秋めいてきましたね。

 

 わたしたちユアー歯科クリニックでは治療に際し,患者様ひとりひとりにわかりやすく丁寧な説明を心がけて取り組んでおります。

本日は院内研修として、

治療前,治療後に起こり得る不快事項を患者様にわかりやすく伝えられるよう練習を行ったり、

補綴物(詰め物や被せ物)、義歯の種類などについて院長を含め、スタッフで確認し直しました。

特に、柔らかいシリコーン入れ歯「コンフォート」に関しては9月より一部製品名の変更などがありましたので、対応できるように皆で勉強しております。

 

 保険診療はもちろん、自費診療ではいくつかの選択肢の中から患者様に合った治療法をご提案させていただき、

十分に納得して治療を受けていただけるようスタッフ一同頑張ってまいります。

 

ご不明な点があればいつでも気軽に質問していただければと思います。

 

 

船橋駅前 予防から審美入れ歯まで「船橋で一番頼れる歯医者さん」を目指しています。

ユアー歯科クリニック(船橋駅北口)事務局

【治療例】奥歯の銀歯を白い歯へ

2017年09月02日

【治療例】奥歯の銀歯を白い歯へ  

こんにちは、ユアー歯科クリニック(船橋)の事務局です。銀歯の中でできてしまったムシ歯を審美的に治療するケースが多くございます。少し紹介させて頂きます。参考にして頂ければ幸いです。

こちらの方は、昔治療した銀歯を白くしたいとお見えになりました。

奥歯で大きく力のかかる大切な歯ですので、見た目の美しさだけではなく、咬合力を考慮した慎重な診断と設計が必要なケースになります。

古い銀の詰め物を外してみると、中ではムシ歯が再発しておりました。
これは、レントゲンでは解らなかったことです。
外から見て、一見むし歯が無さそうでも、蓋を開けてみると進行していたというケースは少なくありません。
特に保険診療のパラジウム合金の場合は、細心の注意を払っていても、その精度には限界があり、二次カリエス(ムシ歯)になる可能性は否めません。

  

今回は4本のうち、隣接面(隣の歯に接する部分)にかからない小さなムシ歯2本はCR充填という、プラスティックを流し込む治療を行いました。隣接面まで修復する必要のある大き目のムシ歯の2本は、強度的も安心できるEmaxセラミックを採用しました。
更に強度が必要な場合はジルコニアという人工ダイヤのセラミックを採用することもあります。

また、中で二次カリエスにならないように、より精度の高い治療をするため、今回はラバーダム(治療部位以外をゴムのカバーで覆う処置)をすることで唾液の付着を防ぎ、しっかりと接着することができました。

  

セラミックを2本にすることで、4本全てセラミックにするよりもコストも抑えられ、見た目にも満足され喜んで頂きました。

 

船橋駅前 予防から審美入れ歯まで「船橋で一番頼れる歯医者さん」を目指しています。

ユアー歯科クリニック(船橋駅北口)

 

電話無料相談・ご予約は

047 425 8486