失った歯の治療(インプラント、入れ歯、ブリッジ等)は、ユアー歯科クリニックへ

電話無料相談・ご予約は

047-425-8486

失った歯を治療したい【ブリッジ・入れ歯・インプラント】


ブリッジを入れたい

ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣の歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。

その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれており、ほぼ全ての歯科医院で行われている非常にポピュラーな治療法です。

ブリッジには保険が利くので安価で、見た目、機能的な回復も良好なため、保険治療の場合にはまずブリッジが可能かどうかを検討し、ブリッジが適用出来ない場合には部分入れ歯にするというのが一般的です。

治療費の目安

保険適用のブリッジの場合

例1:前歯1本の欠損

約21,000円

例2:奥歯1本の欠損

約11,000円

※ケースにより金額を大きく変わることがありますのでご相談ください。

  • ブリッジのメリット
    • 見た目が良い。
    • 違和感が少ない。
    • 咀嚼能率(ものを噛み砕く能力)がそこそこ高い。(天然歯の約60%)
    • 歯と歯をつなぐ事によって、噛む力を分散させることが出来る。(歯周病の場合に有利)
    • 安価。(保険適用の場合)
  • ブリッジのデメリット
    • 土台となる健康な歯を削ってしまうので、土台の歯の寿命が短くなる。
    • 土台となる健康な歯がない場合には、ブリッジが出来ない。
    • 保険のブリッジの場合には、変色しない材料が使えない。
    • 保険のブリッジの場合には、前から3番目の歯までにしか白い材料が使えない。(前から4番目以降の歯は金属の歯になる)
    • 保険外のブリッジの場合には、変色しない材料や奥歯に白い材料が使えるので見た目が良くなるが、治療費が高くなる。
    • 歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合がある。

入れ歯を入れたい

入れ歯の種類と特徴

入れ歯(義歯)には、いくつかの種類がありますが、ユアー歯科クリニックでは次のような種類の入れ歯(義歯)をご利用いただけます。


◆保険部分入れ歯

歯が抜けてしまい、ブリッジの適応とならない場合には、部分入れ歯による治療になります。

保険治療の場合には金属の「クラスプ」が付いたタイプの部分入れ歯しかありませんが、 保険外治療の場合にはクラスプが付いていないものなど、様々なタイプのものがあります。

治療費の目安

保険適用の場合

5.000円~13.000円

(上下どちらか片方の価格です)


◆保険総入れ歯

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療になります。健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。

保険を使って総入れ歯(総義歯)を作る場合には、義歯床がプラスチックのものになります。

プラスチックの総入れ歯は分厚くなりやすかったり、安定せずに違和感が強くなりやすかったりすることがありますが、料金が安い、修理がしやすいといったメリットもあります。

治療費の目安

保険適用の場合

約10,000円程度

(上下どちらか片方の価格です)

※入れ歯本体の値段、診断料、型取りの治療費、装着料等を全て含んだ料金です。また、1度保険で総入れ歯を作ると6ヶ月間の間は、保険で総入れ歯を作ることはできません。


◆BPSデンチャー

[審美性に優れたヨーロッパ生まれのBPSデンチャー]

BPS (Biofunctional Prosthetic System) 生体機能的補綴システム

BPS (Biofunctional Prosthetic System) 生体機能的補綴システムBPSはイボクラールビバデント社(リヒテンシュタイン)とヨーロッパの歯科大学、臨床医が共同で開発した精密入れ歯を製作するためのシステムです。

BPSデンチャーシステムによって製作される入れ歯(BPSデンチャー)は、今までの入れ歯とは製作過程が大きく異なるフルオーダーメイドです。

入れ歯製作において非常に重要である印象採得(型採り)はお口の形態に合わせたオーダーメイドの印象用トレーを用いて、お口を大きく開けた状態、上下の歯を咬み合せた状態、その他様々なお口の動きに合わせて複数回行います。

また製作各ステップにおいて専任のBPS認定歯科技工士が立ち会い、実際の顎や筋肉の動き、噛み合わせや発音、笑顔のバランスなどを確認します。特に一般の入れ歯と違うのは、大きくお口を開けた時や食べ物を噛んだ時などの動的な状態を細部にわたり想定し、それを高い精度で再現して製作することにより、外れにくく良く咬める審美性に優れた高機能な入れ歯が出来るのです。

患者様ひとり一人の個性と症状に合わせ、ご要望をお聞きしながら品質の高い素材を用いて丁寧に製作されるBPSデンチャーは、残念ながら日本の保険制度では対象になりませんので自費診療となります。しかし、今までの入れ歯に不満をお持ちの患者様にはきっとご満足いただけるものと思います。

  • BPSデンチャーのメリット
    • (1)見た目の美しさ

      従来の保険適用の入れ歯は、最低限の機能を回復させることを目的として製作されていますので、審美性に限界があるのはある程度仕方ない部分でした。しかし、BPSデンチャーは、審美性に非常にこだわっております。

      一本一本の歯や歯ぐきの「色合い」「形態」など、患者様の個性に合わせて専任の歯科技工士が、実際に患者様のお口の状態を拝見し、ご希望をお伺いしながら製作していきます。


    • (2)機能性

      お口にピッタリと吸着し、外れにくい、噛みやすい、話しやすい、そして疲れにくい。安定して噛めるので、痛くなく、入れ歯安定剤などを使用しなくても、しっかりと機能するように設計されています。

      常に変化をするお口の中の状態を想定し、お口を大きく開けたり、咬んだり、発音したりしながら歯型を採る(機能印象採得)ことや上下のあごの動きを記録する(ゴシックアーチ)などの工程により得られます。

      その後も高い精度で完成させるための独自の工程を経て精密で高機能な入れ歯が完成します。


    • (3)技工士との連携

      これまでの入れ歯は、経験豊かなベテラン技工士の匠の技と歯科医師の連携により優れた入れ歯を生み出していたところがあります。

      BPSデンチャーは、製作工程での歯科医師と技工士の連携がシステム化されており、安定して高機能な入れ歯ができることが大きな特徴です。

      優れた技術とシステムの融合から、このBPSデンチャーは、近い将来、高機能入れ歯の世界のスタンダードになると言われています。


◆コンフォートデンチャー

[柔らかい生体用シリコ-ンの入れ歯]

■コンフォートは従来の入れ歯の悩みを解消する全く新しい技術です。

コンフォートは、合わない入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮します。

「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。

※今お使いの入れ歯にも加工できます。ただし、入れ歯の材質によっては、加工できないものもあります。


  • コンフォートの3大メリット
    • 歯ぐきを守る! 歯ぐきをやさしく保護

      コンフォートは歯ぐきの座布団。合わない入れ歯と歯ぐきの間でクッションの役割を果たし、デリケートな歯ぐきをやさしく保護します。合わない入れ歯による歯ぐきのトラブル(歯ぐきの血流障害など)を緩和します!


    • 痛みをやわらげる! クッション素材で痛みを軽減

      コンフォートは入れ歯の歯ぐきにあたる面を生体用シリコーンというクッション材で覆うため、歯ぐきにかかる圧力を軽減し、噛んだときの痛みをやわらげます。もう食べるものを選ばなくても大丈夫。硬いものでも、しっかり噛めるので、食欲もよみがえります!


    • 外れにくい! 抜群の吸着力

      生体用シリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性を生み出し、噛むときに発生するアゴ の横の動きにも抜群の吸着性を実現します。食事のときや話をするときに外れにくくなります。また、入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が詰まりにくくなります!

■噛む力が通常の入れ歯の2倍に!

生体用シリコーンの柔軟性が痛みを緩和し、以前よりしっかりと噛めるようになります。

食べ物をすり潰せるような強い力が実現するので、硬いものはもちろん、イカやステーキといった弾力性のあるものも、しっかり噛めます!

※噛む力には個人差があります

■変質や劣化がほとんどなく剥がれにも強い

生体用シリコーンを使っているので変質や劣化に強く、柔らかさが長期間持続します。また特殊な加工技術により、これまでの軟性裏装材に比べて飛躍的に剥がれにくくなりました。


治療費の目安

総義歯

350,000円~


部分入れ歯・片側

98,000円~


部分入れ歯・両側

300,000円~

【コンフォートの安心保障 3年間保証】

万が一コンフォートを通常の方法で使用していながら剥がれ・変質が発生した場合には無償で張り替えをいたします。張り替えに伴う治療費・診察費は含まれません。

【生産物責任保険】

万が一、当社の製品の欠陥により、患者様が怪我をされる等の事故で損害が発生した場合に備えて、コンフォートは生産物責任保険に加入しております。お怪我の治療費用や入院・通院費用等、弊社が負担すべき損害を補償いたします。事故がございましたら、まずかかりつけの歯科医にご相談ください。

取り扱い : あいおい損害保険株式会社


◆ウェルデンツデンチャー

世界初の特殊樹脂でンチャー
入れ歯の常識が変わ出来ており、しなやかで丈夫、かつ軽くて、臭いもつきにくい。

治療費の目安

1歯

100,000円〜


(左)従来の入れ歯 (右)ウェルデンツデンチャー

■ウェルデンツの特性

ウェルデンツは長年の研究と臨床検査を経て、厚生労働省より認可を受けた独自開発の樹脂材料を(薬事認可製品)活用し、製作された口腔内補綴治療製品(入れ歯、被せ物等)です。また、本製品は使用材料並びに口腔内補綴物製品共に世界特許取得製品です。

  • 無菌性樹脂素材のため、洗浄剤をほとんど必要としません。
  • アレルギーの原因にならないので安心です。
  • 薄くて軽くて丈夫です。
  • 審美性に優れています。
  • 装着感に優れています。
  • 長期使用においても臭いません。
  • お口の中が広く清潔になります。
  • 優しい素材の為、歯への負担が軽微です。
  • とても経済的です。
  • 金属は一切使用しないので安全です。

使用状態により耐久性が変わりますので、担当医とよく相談の上お決めください。


歯をできるだけ削らない
取り外し型「クラウン」「ブリッジ」

ウェルデンツ樹脂のみを使った製品で、着脱式で経済的な製品です。着脱式も可能のため、お掃除がしやすく、ご自分でメンテナンスが可能です。


入れ歯だけどブリッジ感覚
「ブリッジデンチャー」

人工歯併用タイプはウェルデンツ樹脂を用い維持装置部をワンピースでフレーム化し、その上より人工歯を被せた補綴物のため審美性に優れています。


金属のフックが見えない
「ウェルデンツ・ノンクラスプデンチャー」

ウェルデンツ・ノンクラスプデンチャー(義歯)は軽くて薄くても床が割れにくく、クラスプ部分に金属を使用しないタイプの入れ歯です。吸水性が少なく変色や臭い、経年変化に強い入れ歯です。


◆金属床デンチャー(部分入れ歯、総入れ歯)

金属床義歯とは、義歯床が金属で出来ている入れ歯です。義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のもの(プラスチック製入れ歯)よりもしゃべりやすく、違和感が少ない総入れ歯が作れます。

治療費の目安

コバルトクロム床

150,000円~


チタン床

250,000円~


ゴールド床

300,000円~


※保険で一部負担(4.5万円前後)されます。
(上下どちらか片方のみの値段)

  • 金属床義歯のメリット
    • ほとんどの症例で使用することができる。
    • しゃべりやすく違和感が少ない。
    • 金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚が自然に近くなる。
    • 汚れが付きにくいので清潔。
    • 保険のもの(プラスチック製入れ歯)よりもピッタリと合った入れ歯ができます。
    • 割れにくく、変形しにくい。
  • 金属床義歯のデメリット
    • 咀嚼能率(ものを噛む能力)が低い。(天然の歯の約10~20%)
    • 修理が難しい。(修理のたびに金属が分厚くなってくるので、金属床義歯本来のメリットが失われる)
    • アゴの骨がだんだんと痩せてくることで、徐々に合わなくなってくる。(定期的な調整が必要)


インプラントを入れたい

インプラント(人工歯根)とは?

インプラント(人工歯根)とは、歯が抜けてしまったところの骨にフィクスチャー(ネジ)を埋め込み、そのネジを土台にしてアバットメントと人工の歯を装着する治療法です。

インプラントは審美的、機能的に優れた治療法ではありますが、患者さんのお口の状態により、誰でも受けられるものとは限りません。

また、経験豊かな専門医が診断、手術を行うことが必要になってきます。 ユアー歯科クリニックでの手術は、提携先のインプラント専門医である宇毛玲先生が執刀します。

宇毛 玲 先生

略歴

1992年 明海大学歯学部卒業
2005年 オランダヒルズインプラントセンター院長 2008年 ユアー歯科クリニック インプラント専門医就任

所属学会

日本審美学会会員 日本インプラント学会会員

ごあいさつ

他院でインプラントが出来ないといわれた方もご相談下さい。インプラントを行なっている歯科医院は山ほどありますが、技術レベルには大きな開きがあります。インプラントでより良い結果を出し、より多くのケースで適応するには、骨移植、歯茎の造成などを高いレベルで実践する必要があります。

インプラントの構造

多くのインプラントは、

  • フィクスチャー(骨に埋め込むネジ、土台)
  • 上部構造(人工の歯)
  • アバットメント(連結部)

の3つのパーツで構成されています。(中にはフィクスチャーと上部構造の2パーツだけのインプラントもあります)

インプラントが出来ない場合には、ブリッジか部分入れ歯による治療となります。また、歯が1本もない場合には、総入れ歯やインプラント義歯などによる治療となります。

  • インプラントのメリット
    • ブリッジのように、健康な歯を削る必要がない。(健康な歯を削ってしまうとその歯の寿命は短くなるので、大きなメリットです)
    • 見た目が良い。
    • 咀嚼能率(ものを噛み砕く能力)が最も高い。(天然歯の約80%)
    • 違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚でものを食べることができる。
  • インプラントのデメリット
    • 手術が必要。
    • 骨の量が十分でない場合には、インプラントが出来ないことがある。 (骨を作る手術をすれば可能となる場合もあります)
    • 治療期間が長い。(約3ヶ月~1年)
    • 歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合もある。
    • 治療後のメインテナンス(定期検診や歯磨きなど)がしっかりと出来ない人には向かない。

電話無料相談・ご予約は

047 425 8486