歯周病、歯ぐきの健康に関するご相談はユアー歯科クリニックが解決します

電話無料相談・ご予約は

047-425-8486

歯周病の治療をしたい

相談と予防が大切

歯肉が赤く腫れたり、黒ずんでいたり、ぶよぶよしていたり…あまり痛みがないけど健康でないかな?と思ったら、歯肉炎かもしれません。歯周病治療をしっかり受けて、予防を行うことが重要です。


歯周病は、歯を失う大きな原因の1つ

歯周病は口臭の原因になるばかりか、実はむし歯と並んで、歯を失う大きな原因の1つです。

歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。昔は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今では「歯周病」という呼び方が一般的になっています。

若いときに歯を失うのはむし歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。日本は「歯周病大国」と呼ばれており、35歳以上の約8割が歯周病だと言われています。

歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです!(歯周病はサイレントキラー「静かな殺し屋」とも呼ばれています!)


歯周病(歯槽膿漏)の進行

歯周病の初期の段階では歯を磨く時に血が出たり、歯ぐきがムズムズするといった症状しかありません。

しかし、歯周病がさらに進行すると歯がグラグラしてきたり、歯並びが悪くなってきたりします。ほとんどの人は、この段階になってようやく「まずい!」と思い歯科医院へ駆け込みます。

しかし、これでは手遅れです!!

自覚症状が出てきているような歯周病では、すでに歯を支えている骨(歯槽骨)の大部分が溶かされてしまっています。

この溶かされてしまった歯槽骨を元通りにすることは現在の最先端技術を用いたとしても非常に難しく、「健康だったときの状態に戻す」のではなく、「これ以上進行しないようにする」ことがメインになります。

ですから、歯周病に関しては特に予防が重要になってくるのです。


歯周病の治療

歯周病の原因には色々なものがあるのですが、大きな原因の1つがプラーク(歯垢)です。

そのため、まずはプラークコントロール(歯磨き、フロッシングなど)をしっかりと行い、口の中のプラークの量を減らすことが最も重要になります。

また、進行した歯周病の治療を行う際にも、患者本人がしっかりとプラークコントロールをできるかどうかが歯周病治療の成否に大きく関わってきます。

まずは正しいプラークコントロールの方法を覚えて実践することが大切です。

進行してしまった歯周病は、プラークコントロールだけで治ることはありません。実際に進行した歯周病の治療を行うとなると非常に大変なので、歯周病の症状が出ていなくても年に数回は歯科医院へ行き、歯の検査とメンテナンスを受けることをおすすめします。

また、タバコを吸っている人は、ぜひとも禁煙されることをオススメします。禁煙が成功すればそれだけで、歯周病で歯を失うリスクが大きく減少します!

電話無料相談・ご予約は

047 425 8486