診療科目から、ユアー歯科クリニックのメニューをご紹介

電話無料相談・ご予約は

047-425-8486

診療科目別一覧

一般歯科

一般歯科では主にむし歯の治療を行います。

そして、なによりもユアー歯科クリニックでは原因をきちんと突き止め、なぜ、むし歯になってしまったのかを理解いただいた上で、今後のメンテナンスの計画を立て、長期的に管理していきます。


親知らずでお悩みですか?

「抜かないといけないの?」

「抜くときは痛いの?会社休まなければいけないの?」

「痛みが治まってきたので放っておいていいの?」

そのようなご質問をよくお受けします。
船橋のユアー歯科クリニックでは、その方に合った治療方法を一緒に考え、選択して頂いております。

親知らずとは?

「親知らずって、親が知らないうちに生えてくる歯?」親知らずは上下左右の前から8本目の位置に生えてきます。
永久歯の中で最後に生えてくる歯で、生える時期10代後半から20代前半と遅く、親がお口の中を見ることがない時期になって、生えてくる歯であることが名前の由来です。

親知らずは、もともとない人や、1~3本しかない人と、個人によって差があります。
親知らずの歯が生えてくるスペースが足りないことが原因で、生えてくる方向がずれてきたり、「埋伏」と言って埋まった状態であったりと、正常な位置や角度で生えてこないことが見受けられます。

抜歯した方が良い場合

まず、抜歯をした方が良い場合ですが

  • 親知らずの周囲に汚れが溜まり易く歯ブラシが届かずに不潔になりやすいため、慢性的に歯ぐきが炎症を起こしている状態で、時々急性症状を起こし痛くなったり腫れたりする場合。
  • 進行した虫歯ができている場合。
    (位置的に治療器具が到達しづらくきちんと治療することが困難なため)
  • 親知らずが手前の歯を押す様に傾いて生えてきている場合。
    (その事によって前の歯を押し歯並びが悪くなる可能性が高いため)

抜歯しなくとも良いケース

  • しっかりとブラッシングができ、清潔に保てる生え方をしていて、なおかつ咬み合せの役に立っている場合。

以上を基準に、ご希望なども良くよく伺いながら、治療計画のご提案をさせていただきますので、親知らずでお悩みの方は、お気軽にユアー歯科クリニックにご相談下さい。


小児歯科

歯並びのこと、お家での歯磨きのこと、おやつの選び方など、なんでもご相談下さい。

ユアー歯科クリニックではお子様のお口の状態を詳しくお話ししています。お子様の治療には、お母様のご協力が不可欠です。

歯並びのこと、お家での歯磨きのこと、おやつの選び方など、なんでもご相談下さい。


◆小児の治療の流れ

  • ①初診

    • ・問診
    • ・検査
    • ・歯磨きレッスン
    • ・虫歯菌の検査
  • ②基本治療

    • ・虫歯菌の検査の結果
    • ・虫歯予防のお話
    • ・歯磨きレッスン
    • ・フッ素
  • ③治療

    • ・虫歯治療
    • ・歯磨きレッスン
    • ・フッ素
  • ④メンテナンス

    • ・定期的な管理
    • ・クリーニング
    • ・ホームケアのチェック
    • ・フッ素

◆小児の治療にあたって

お子様が歯医者さんで治療を受けるのは、自然にできるようになるものではありません。
また、年齢が上がってきたからできるようになるものでもありません。
習いごとと同じく、経験を積み重ねていき少しずつできるようになるものです。
歯医者さんを嫌いになったり苦手になると、治療がスムーズに進まないだけでなく、ゆくゆくは将来の歯の健康にも影響してしまいます。そうならないためにも、お子さんと 身近にいる皆さん一緒に、お子様が歯の治療を受けられる環境を整えていきましょう。


【歯医者さんに来る前に注意して頂きたいこと】

①嘘をついて連れてこないでください!

・「○○に行こう」と嘘をついて歯科医院につれてきてはいけません。
・「何もしないから」「見てるだけだよ」「痛くしないからね」などは言わないようにしましょう。

②怖がらせたいり、脅かしたりしないでください!

・お子様の前で、自分が歯科医院で受けた「痛かった体験」などを話すのは避けましょう。
・「良い子にしてないと歯を抜かれちゃうよ」や「言うことをきかないと注射してもらうよ」など、お子様をおどかすようなことは言わないようにしましょう。

お子様には何気なく「今から歯を治しに歯医者さんへ一緒にいくよ」というように、簡単な知らせに留めて来院するようにして下さい。


【来院の際に】

● 予約時間を守って下さい
● 受診前に歯みがきとトイレは済ませておきましょう
● 汚れてもいい服で来て下さい
● 満腹状態での受診は避けましょう


【治療を受けるトレーニング】

はじめて歯科治療を受けるお子様には、可能な限りステップを踏んで治療を行っていきます。 例えば、お口の中の水を吸ったり、器具をお口に入れるなど、治療に必要なことをひとつずつ小さな目標としてクリアーしてもらい、トレーニングを重ねながら歯科治療を受ける準備をします。


【ほめてあげてください】

治療が終わったり歯みがきが上手にできたときには、たくさんほめてあげましょう。 むし歯は最後までしっかり治療し、治療後は定期検診を受けましょう。


また、船橋市の子ども医療費助成制度がご利用いただけます。

<船橋市ホームページより>

船橋市では子どもの医療費を負担する保護者に保険診療分の医療費の助成を行なっています。
0歳~中学校3年生までの子どもについては、医療機関受診時に「船橋市子ども医療費助成受給券」(以下受給券)を健康保険証と一緒に窓口で提示して一定の自己負担金を支払うことで、その場で精算されます。(受給券は、お子様の出生(転入)後に、船橋市に申請して交付を受けてください。)

詳しくは、船橋市ホームページ


審美歯科

豊富なメニューで歯を白くする方法をご提案

できるだけキレイに治したいと願う皆さまのご期待に沿えるように、様々な治療法に対応しています。

自信を持って笑える、何でも気兼ねなく美味しく食べられる喜びを取り戻すことは、人生を豊かにすることに直結します。

「白い歯をあきらめないで」がユアー歯科クリニックの願いです。


ユアー歯科クリニックでは、様々な「きれいにしたい」を実現できる審美歯科に対応しています。特にホワイトニングを利用される方は大変多く、最近は男性の方も増えてきました。

歯はどうして変色する?

歯はもともと白くなくわずかに黄みをおびた色をしています。肌の白さが人によって違 うように、歯の色にも黄みや赤みがあり個人差があります。茶渋やタバコのヤニ、歯垢 など歯の表面についた汚れによる変色は、それらの付着物を取り除くことで本来の白さ を取り戻すことができます。しかし、歯の内側から変色した場合には、ハミガキやクリ ーニングで白くすることはできません。

  • コーヒー・赤ワイン・タバコなど、色素の濃いものを日常的に摂取することで変色する。

  • むし歯などで神経が死んでしまった。または、金属のつめものによって変色を起こす。

  • 歯の磨きすぎ、歯ぎしり、加齢などで歯のエナメル質が薄くなり、内側の象牙質が透けて見える変色。

  • 幼児期に抗生物質を摂取したり、先天性代謝異常や遺伝性疾患などが原因で起こる変色。


ホワイトニングってどういうもの?

プラスチックやセラミックといった人工的な材料で変色を被い隠すのではなく、特殊な薬剤を使って歯の中の色素を分解させる方法なので、歯を削らずに“自然な白さ”を得ることができます。
アメリカでは大変ポピュラーな方法ですが、近年日本でもホワイトニングを行うための薬剤が厚生労働省で認可されたことにより、ホワイトニングを希望される方が増えてきました。


ホワイトニングの種類


予防歯科

健康な歯を保つために

ユアー歯科クリニックは1993年(平成5年)の開院以来、一貫して予防に重点を置き、一生自分の歯で噛むことの大切さを知っていただけるよう、そのためのお口の健康作りをお手伝いすることを心掛け、診察しています。

三大成人病であるガン、脳卒中、急性心不全が生活習慣病であることは広く知られていますが、同じように、むし歯や歯周病も日頃の食生活やストレス、体質などの、様々なリスクファクターに左右される生活習慣病なのです。

むし歯や歯周病のような生活習慣病は、無自覚に進行している場合が多いため、ひどくなってから治療をすると、たくさん歯を削らなくてはならなかったり、神経をとるなど歯により大きな犠牲を払わないといけなくなります。

そのためには、やはり早めのケアが必要になってきます。

健康な天然歯に勝る歯はありません。処置に際しては削る量を最小限にし( MI:Minimal Intervention )、ご自身の歯を極力残すようにしています。

そして、「治療が終わってからが本当の治療」という診療理念の元に、苦労して取り戻したお口の健康を維持できるよう、その人にあった予防ケアを検討し、メンテナンス時期やお手入れ方法についてのアドバイスを行っています。


入れ歯

入れ歯のお悩み・不安は、まずご相談を

「入れ歯が合わなくて痛くて我慢できない」
「入れ歯はこれで3つ目です。入れ歯ってこんなものなのでしょうか」
「この年齢で入れ歯なるのは怖いです…」

ユアー歯科クリニックにもそういった入れ歯の患者さんが多くいらっしゃいます。本来、あなたの健康を支えるはずの歯の代用品が、大きな悩みのタネになってしまわれた方が本当に多いと実感しています。

そこには、入れ歯の技術はもちろんこと
「きちんと話を聞いてくれない」
「親身になって相談に乗ってくれない」
「すぐにインプラント治療を勧められる」
といった、治療前の不安があるのではないでしょうか。

入れ歯は、マスコミで話題の「ウェルデンツ」や人工シリコンの柔らかい入れ歯「コンフォート」、超精密の審美入れ歯「BPSデンチャー」、バネのない「ノンクラスプデンチャー」など。

私たちは、入れ歯の患者様には特に「聴く」ことも大切な治療と捉え、納得いくまでお話をさせていただきます。



インプラント

おひとりお一人に合った治療方法があります

現在ある歯科治療のうち、歯を失ってしまった箇所への治療はインプラントがベストの選択になるケースは多いと思います。しかし、お口の中の状態などによっては常にベストな選択とは限りません。

部分入れ歯やブリッジを選択しても、機能的、審美的にも十分な結果が得られるケースもあります。

私たちは、インプラント治療をひとつの手段としてとらえています。あなたが快適に噛める生活を送るために何が必要かを、ユア-歯科クリニックと一緒に考えていきましょう。


矯正

歯列矯正に年齢制限はありません。

見た目を美しくするために矯正をお考えになる方が多いですが、むし歯と同様に、自然に改善することはありませんので、勇気を出して聞いてみる事がその第一歩になるでしょう。

矯正治療は、顎関節症や、肩こりなどを改善・治療する効果も期待できます。

子供から成人まで、その方のお口の状態とご希望にあった治療が可能になっています。


電話無料相談・ご予約は

047 425 8486