最新情報や話題の技術を、スタッフがわかりやすくご紹介します

電話無料相談・ご予約は

047-425-8486

24h WEB予約フォーム

スタッフブログ

お薬の副作用による歯肉への影響について

2018年07月06日

 

 

皆さんこんにちは:)

ユアー歯科クリニック歯科医師の雨宮です。

今年は観測史上、1番早く梅雨明けしたとのことで、ついついお出かけしたくなっちゃいますね:)

 

今日は、口腔内に現れるくすりの副作用として「薬物による歯肉出血」についてお話しようと思います。

近年、高齢化が進むとともに、心筋梗塞や心房細動,脳卒中などの治療のため、血液をサラサラにするお薬を飲まれている方も多くなってきております。

歯肉出血を引き起こす主な薬には、抗凝固薬があります。

この薬が効きすぎると、体のさまざまなところで出血が起きやすくなります。

歯肉出血もその1つとなり、

 

血がサラサラになりすぎていて、歯周病などで炎症を起こした歯肉からの出血が止まらない、、なんてことが起こります。

 

1962年から2011年までの間、飲み薬の抗凝固薬はワーファリンだけでした。

このお薬は、効果が現れる用量と、効きすぎて副作用が現れる用量の差が小さいため、抗凝固薬の目安(指標)となる血液検査(PT-INR)を定期的に行い、その検査値に基づいた細かい用量調節が必要です。しかし、ワーファリンの問題点として、食べ物による影響や、飲み合わせの悪い薬の多さなどもあり、新たなお薬の開発が望まれていました。

例えば、ワーファリンを服用している方は、納豆を食べてはいけないのは有名なお話かと思います。

 

そうしたワーファリンの使いづらさを改善した抗凝固薬が2011年から、次々と発売開始され(プラザキサ、リクシアナ、イグザレルト、エリキュース)、ワーファリンを含めた5種類の中から患者さんに適した薬を選べるようになりました。

しかし、プラザキサカプセルの発売開始から5か月の間に重篤な出血性副作用が81件報告され、そのうち5例は因果関係が否定できない死亡例であることがわかりました。

いまのところ、抗凝固薬の指標が未確立であり、新しい抗凝固薬の服用にあたっては、重篤化を未然に防ぐため、副作用の早期発見が重要となっています。

 

このようなお薬を飲んでいる方が、歯肉出血で来院された場合、私たちは口腔内の診査を十分に行い、歯周病・口腔粘膜疾患・外傷や腫瘍などの有無・さらに全身的な出血傾向などの症状を確認します。

全身的な出血傾向(例えば鼻出血、内出血斑、血尿、血便など)がみられる場合は、悪化して重篤な出血性副作用(大出血や頭蓋内出血など)を起こす場合もありますので、すぐにかかりつけの内科医に相談していただくようにいたします。

 

歯肉出血で来院された患者様から、重篤な出血性副作用を防ぐことができることもありますので、もし、血液サラサラのお薬を飲まれており、歯肉からやけにずっと血が出ていて止まらない、、なんてことがありましたらすぐにご相談ください。

 

また、血液サラサラのお薬を飲まれていて、血の出る処置(抜歯や歯のクリーニングなど)を受ける際は安心して治療を受けていただけるように配慮いたします。

ワーファリンを飲まれている方は、直近のPT-INR値を教えてくださりますよう、お願いいたします。どうか、患者様のご判断で、薬の量や回数を変更したりはしないでくださいね:)

 

参考:デンタルハイジーン 2014 Vol.34 no.9

 

船橋駅前 予防から審美入れ歯まで「船橋で一番頼れる歯医者さん」を目指しています。

ユアー歯科クリニック(船橋駅北口)事務局

 

歯科材料を極める技術セミナーに参加してきました

2018年06月21日

 

こんにちは(^^)/
じめじめと鬱陶しい梅雨の季節になりました。
そんな中でも、先日は梅雨を吹き飛ばすようなサッカーワールドカップの日本の大金星のニュースが飛び込んできて、スカッとさせてくれました。

先日、歯科商材を扱うジーシー社の本社にて「練りを極めよう」という技術セミナーに参加して参りました。
GCプレミアムフォーラム「練りを極めよう!」は、歯科の現場で非常に重要な型取りという工程の精度上げるものです。
被せ物など製作する場合は、通常粘土のようなものをお口の中に入れて型を取るもので、ご経験された方も多いかと思います。

歯科材料は日進月歩、技術の進歩も早く新しいものをキャッチアップし、少しで患者さんの負担がない治療、精度が高く安全安心な治療を目指さなければいけないと考えています。

「練り」については、粉状のものと液体状のものを混ぜ合わせて使うものが多くあり、正確な使い方をしないと十分な力を発揮できません。

例えばカップラーメンもぬるいお湯では麺が硬く美味しくありませんよね。それと同じなんです^ ^

今回は、

セメント練和
アルジネート印象練和
シリコーン印象材練和
石こう練和

こちらの練り方を再確認してきました^ ^


どれも聞いたことがないかと思いますが、歯科治療のなかでも頻繁に使われているものです^ ^

基本的な事から再度確認することができましたので、現場で常に活かしていきたいと思います。

船橋駅前 予防から審美入れ歯まで「船橋で一番頼れる歯医者さん」を目指しています。

ユアー歯科クリニック(船橋駅北口)事務局

 

舌癖について

2018年05月24日

 

こんにちは:)

ユアー歯科クリニック歯科医師の雨宮です。

みなさん、ご自身やお子様の滑舌について気になったことはありますか?

今日は舌癖(ベロの癖)についてお話しようと思います。

 

舌癖には、原因や、それに伴う口腔習癖、舌の筋力や舌小帯など、舌の状態によってさまざまなタイプがあると考えられています。

その舌癖のタイプを考え、改善の難易度を把握し、状態に合わせて弱い部分をトレーニングすることができれば、より的確な対応ができます。

 

★改善が難しいとされている口腔習癖の中には、、

①口呼吸:鼻疾患による口呼吸の場合、鼻呼吸の練習によって改善することもありますが、程度によっては耳鼻科との連携が必要になります。

②長期の指しゃぶり:神経性習癖に分類され、4歳以降も続く場合は心療内科的なアプローチが必要となります。

③異常嚥下癖:嚥下は回数が多く、すべてをコントロールするのは困難です。

★比較的改善しやすい口腔習癖の中には、、

①舌小帯強直症による舌癖:原因がはっきりしているため、舌小帯切除ができれば比較的改善しやすいです。ただし、習癖の期間が長いことや、舌小帯が強直していると舌を動かす筋肉が発達しておらず、舌自体を挙上させる感覚がつかみにくいことから、舌の筋力アップが困難なこともあります。

②口唇閉鎖不全:保護者からみでも口をポカンと開けている様子はわかりやすく、周りが指摘しやすいです(ただし、鼻呼吸ができないと改善しにくい)

③乳歯の早期脱落や大きなう蝕を気にしてしまうことによる舌癖:このように原因がはっきりしており、かつその期間が短く、改善が容易であれば解決しやすいです。

 

舌のタイプから、実際のトレーニング法を考えていきます。

舌は舌尖を「スポット」に置き、すこし口腔内を陰圧にして、舌全体を吸盤のように口蓋につけて維持した状態が基本のポジションですが、舌小帯が強直していたり、舌の筋肉が弱かったり、動きが悪かったりすると舌が低位になってしまいます。

この、舌が低位になる原因を「舌小帯」「舌の筋肉」「舌の動き」の3つの項目で分類し、それぞれについてどこを改善すべきかを考えトレーニングを選択していきます。

①舌小帯:伸びやすいか伸びにくいか

 舌小帯の長さ、太さ、付着位置の3つのチェックポイントで分類していきます。舌小帯は長さが短いと舌の動きを阻害し、幅が太いと伸びにくくなります。また、舌小帯の舌への付着位置が舌尖に近く、口腔底側では下顎前歯の歯頚部よりに幅広く付着していると、舌の動きが阻害されます。

以上から、舌小帯が伸びにくいと分類した場合には、舌がスポットに届くように舌小帯を伸ばすことを目標にします。具体的には、舌尖をとがらせた状態でスポットにつけられるように繰り返し行うトレーニング(スポットポジション)や、舌尖を意識するためにスティックを使ったトレーニング(ティップアンドスティック)を行っています。また、可能であれば、原因である舌小帯を切除することで舌の運動阻害要因を除去し、まず、舌を動かせる環境を整備することもあります。

②舌の筋力:強いのか弱いのか

 舌の筋力は、舌を口蓋に挙上した形で診断します。舌の筋力があれば、舌全体を口蓋に挙上し、舌中央部をぴったりと吸い付け維持することができます。逆に、弱い場合は、舌の中央部が挙上せず、郊外に吸い付けた形を維持することができません。

以上から、舌の筋肉が弱いと分類した場合には、舌全体の筋力を鍛えることを目標にします。ガムを噛んで丸めて舌の中央に置き、舌で口蓋に押し付けるトレーニング(ガムトレーニング)から始め、舌中心部でスティックを押すトレーニング(ミッドアンドスティック)、さらに、ポッピングの練習では、舌中央部を口蓋に挙上した状態を長時間維持するトレーニングを中心に筋力アップを図っていきます。

③舌の動き:よく動くのか動きが悪いのか

 舌の動きは、舌を左右に振る動き(フルフルスポット)や舌尖で上下の口唇をなぞる動き(リップトレーサー)をみて判断しています。

最初からスムーズに行える場合は、舌の動きは問題ないと判断しています。逆に動きが悪い場合は、上記の動きをトレーニングとして取り組むことで、舌の動きをコントロールする力を身に着けるようにしています。

 

以上より、様々な観点から診断し、舌癖を解消できるように順序立てて取り組むことが大切になります。ご自身の舌癖や、お子様の舌癖が気になったことがある方は、どうぞお気軽にご相談ください。

 

参考文献:デンタルハイジーン 2018 Vol.38 No.3

 

船橋駅前 予防から審美入れ歯まで「船橋で一番頼れる歯医者さん」を目指しています。

ユアー歯科クリニック(船橋駅北口)事務局

 

電話無料相談・ご予約は

047 425 8486