最新情報や話題の技術を、スタッフがわかりやすくご紹介します

電話無料相談・ご予約は

047-425-8486

24h WEB予約フォーム

スタッフブログ

今年一年を振り返って

2017年12月27日

 こんにちは

ユアー歯科クリニック スタッフの青木です。

 

いよいよ今年も残すところわずかとなりました。

皆様、忙しい毎日をお過ごしの事と思います。

 

今年一年を振り返ると、当院に御来院される患者様の来院目的は様々ですが、一般の治療の他に、予防歯科、審美歯科への高い意識をお持ちの方々が増えてきていると日々感じております。

 

3~5カ月ごとに定期検診をきちんと受けられるかたや定期的にホワイトニングされるかたも多くいらっしゃいます。

私たちが日頃、むし歯や歯周病の予防の重要性についてお話しさせて頂いていることがちゃんと患者様に伝わっているように感じてうれしく思います。

 新年に向けて新しい歯ブラシのご準備もお忘れなく~

来年も皆様のお口の健康維持の一助になれるようスタッフ一同、気を引き締めて精進してまいりますので宜しくお願い致します。

 

 ※12月29日(金)から1月4日(木)まで、年末年始の休診とさせて頂きます。

 

 

 船橋駅前 予防から審美入れ歯まで「船橋で一番頼れる歯医者さん」を目指しています。

 ユアー歯科クリニック(船橋駅北口)事務局

 

口腔ケアのお話

2017年12月25日

 

こんにちは!ユアー歯科クリニックの歯科衛生士です。

 

 以前も定期検診についてお伝えしましたが、そこで虫歯と歯周病を予防していくためには“汚れを溜めないこと”が大事であることをおはなししました。

 今日はさらにその“汚れ”と口腔内ケアについてお伝えしていきます。

 

 まず、お口の中の汚れ=虫歯・歯周病の原因になるものを指します。

 それが、歯垢(プラーク)・歯石・バイオフィルムです。

 

 みなさんも歯垢(プラーク)という言葉をCMなどで耳にしたことはあると思います。

 これは食べかすというよりも、細菌と代謝物の塊です。

 わずか10mgの歯垢に10億個の細菌が存在しています。

 

 この歯垢が2~3日残ったままになってしまうと、石灰化して歯石という、歯ブラシでは取れない硬さの汚れに変わっていきます。

 こうなった場合、早めに歯科医院でのクリーニングを受けることが必要になります。

 

 プラークと同じようなものでバイオフィルムと呼ばれる汚れもあります。

 菌の塊、という点では同じなのですが、バイオフィルムは強固な菌膜のなかに菌が集合している状態です。わかりやすく言うと、排水溝のヌメリ汚れのようなものです。

 

虫歯や歯周病の予防において、一番大事なことが日ごろの歯磨きです。

 ただ、毎日100%完璧に磨くって中々できることじゃないんですよね。

 歯ブラシだけを使用した場合、ついている歯垢の6割しか取れないというデータもあるのです。

 

 それはなぜだと思いますか?

 

 実は歯ブラシだけでは歯と歯の間をきちんと磨くことはできないからなのです!

 そこで、デンタルフロスや歯間ブラシを使うとよりきれいにすることができますので是非お勧めします。

 それらの補助器具を使用することによって歯垢の8~9割まで除去可能になります。

 

 丁寧に歯磨きをしていても、ご自身でのセルフケアだけではどうしても不十分なところが生じます。虫歯や歯周病を予防するために

 汚れを溜めたままにしてしまわないように、当院では3~5か月に1度の定期健診をお勧めしています。

 

 ご自分の予防ケアについてご不明なことがありましたらお気軽にご相談してください^^

 

 船橋駅前 予防から審美入れ歯まで「船橋で一番頼れる歯医者さん」を目指しています。

 ユアー歯科クリニック(船橋駅北口)事務局

 

親知らずのお話

2017年12月20日

こんにちは!ユアー歯科クリニック歯科医師の雨宮です。

年末になり、大掃除や忘年会など、忙しい季節になりましたね。

疲れが溜まってくると、歯が痛くなってくる、、なんて方も多いと思います。

 

今日は、親知らずのお話をしたいと思います。

親知らずは、上あごろそろと下あごに2本ずつ、合計4本あります。

しかし、4本がきちんと生えてくることはまれで、歯のもとになる種はあっても、歯ぐきや顎の骨の中に埋もれたまま生えてこなかったり、最初から歯の種がなく生えてこない場合もあります。

これは、親知らずが退化する傾向にあり、将来私たちの体から消えていく運命にあるからだと言われています。

親知らずが生えてくるのは18歳~24歳頃で、名称の由来については「昔ならそろそろ親と死別する時期に生えてくるから」「親が歯の生えはじめを知ることがないから」など色々根説があります。正式には、智歯(ちし)または第三大臼歯と呼ばれています。

 

親知らずが生えてきても、何も悪さをしなければ気にすることはないのですが、ほかの歯がすでに生えそろっているところに生えようとするため、きちんと生えるためのスペースが不足していることが多く、生えてくる段階で曲がったり、かたむいたり、手前の歯にくっついたり押したりして、周りの歯に負担をかけてしまうことがあります。

 

また、親知らずは一番奥に生えてくるため、生えた後に汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病になる確率が高いことが挙げられます。しかも、その時は大事な大事な手前の歯を道連れにすることが多く、とても厄介です。

 

治療法としては、親知らずがきちんと生えていない場合の多くは、抜いてしまうケースがほとんどです。これは治療するにも歯が奥すぎたり、歯の形がおかしかったり、的確な治療とメンテナンスができないと判断されるためです。

親知らずが生えている方は、まずは磨きにくい場所なので、なるべく汚れを残さないように気を付けて歯磨きをするようにしてくださいね。

 

親知らずが痛いな、、と思っている方はもちろん、

自分の親知らずって生えてるのかな?あるのかな?と気になった方もいらっしゃると思います。どうぞお気軽に相談なさってくださいね。

 

船橋駅前 予防から審美入れ歯まで「船橋で一番頼れる歯医者さん」を目指しています。

ユアー歯科クリニック(船橋駅北口)事務局

電話無料相談・ご予約は

047 425 8486