小児歯科

保護者の方とお子様が通いやすい小児歯科

保護者の方とお子様が通いやすい小児歯科お子様の健康を守るためには、お子さまの歯の状態を保護者の方がよく理解することが重要です。当院ではお子様だけでなく、保護者の方がお子様を連れて通いやすい環境を整えています。また、お子様の治療の際には保護者の方にも診察室にお入りいただき、現在の状態や必要な治療、処置についてくわしくご説明しています。
子どものむし歯は、食生活をはじめとした生活習慣や歯磨きなどの問題によって起こることがほとんどです。そのため、保護者の方に現状と必要なケアについてご理解いただくことで状態を改善させることが可能になります。また、歯をはじめとした口内の健康は、幼いころの習慣によって将来の状態が大きく左右されますので、乳歯の生えた時からむし歯の早期発見と治療、そして予防が重要になってきます。
小児歯科の場合、小学校に入学してしまうとお子様に自主性が芽生えて保護者の方の目が届きにくくなってしまいますが、小学生から中学生にかけてはむし歯になりやすい時期です。この期間も口内の健康を守っていけるようにして、将来も健康な口内を守れる基礎作りをしていきましょう。

お子様メニュー

フッ素塗布

歯の質を強化し、むし歯予防に効果的なフッ素を塗布します。歯科医院では高濃度のフッ素をまんべんなく塗ることができます。

シーラント

奥歯などにある歯ブラシの毛先が入らないほど細くて深い溝を、フッ素が配合された歯科用プラスチックのレジンで埋めてむし歯を予防します。

PMTC

専用の器具を使って専門家が行うプロフェッショナルクリーニングです。ホームケアでは落とせない部分の汚れもきれいに除去できます。

歯磨き指導

歯並びや利き手などに合わせたきめ細かい歯磨き指導を行っています。デンタルフロスや歯間ブラシの使い方、仕上げ磨きのコツなどもていねいにお伝えしています。

小児歯科への取り組み

むし歯のない快適な人生を送るための基礎は、幼いころに作る必要があります。まずはお子様の「歯医者への苦手意識」をなくして、気軽に通える場所にすることが、成人してからも健康な歯を守るための第一歩です。

「乳歯は生え変わるからむし歯になっても大丈夫」と思うことは大きな間違いです。乳歯がむし歯になるということは、その環境が保たれている限り永久歯もむし歯になる可能性が非常に高くなります。また、乳歯のむし歯によって永久歯の歯並びが乱れることもよくあります。乳歯のうちからしっかり予防してむし歯にさせないことで、健康な永久歯に導くことが可能です。治療の必要がない健康な歯は、きちんとホームケアを行い、定期的に歯科医院へ通って適切なメンテナンスをすることで実現可能です。そのために、当院ではお子様にとって歯科医院が楽しい場所になってほしいと考えています。

当院では、お子様や保護者の方がリラックスできて通いやすい雰囲気や環境を整え、まず歯科医院に慣れてもらうことから小児歯科診療をスタートさせています。

 

歯科医院に慣れることが小児歯科診療のスタート

知らない場所は幼いお子さまでも緊張するものです。そこで当院では、初診でいきなり治療を行うことはありません。
最初はユニットに座る練習を行って、次には歯ブラシや安全な治療器具に触れて雰囲気に少しずつ慣れるようにしていきます。うがいをする、大きく口を開けてみる、鏡で自分の口内を見る、指で歯に触れてみるなど、口内へ関心を向けるような誘導も行って歯科診療に対するハードルを下げていきます。
診察室に保護者の方も入っていただきますが、お子さまが慣れてきたら少しずつ距離をとるようにしていきます。こうすることでお子さまの心に自立心が育っていきます。歯科診療を受けられたことはお子様の自信や成功体験になっていきます。それをうまく伸ばしてあげることで、お子様の心の成長を促しながら診療を行っていますので、お子さまの健やかな成長をいっしょに見守っていきましょう。

TEL:047-425-8486 24時間WEB予約 無料相談