入れ歯

当院の入れ歯が選ばれている理由

当院では入れ歯の治療に力を入れています。
歯が抜けた、入れ歯が合わない、インプラント治療を勧められている、噛み合わせが悪いなど様々なお悩みがあると思います。
当院では、入れ歯において様々な経験と実績がありますのでお気軽にご相談ください。
また、セカンドオピニオンとしてもご相談いただいても大丈夫です。

治療前のカウンセリング

当院では、治療を行う前にしっかりしたカウンセリングを行います。
そのうえで入れ歯が合う・合わないをご説明し、また、入れ歯にも種類が豊富にあるためどの入れ歯が合うのか、どんな食生活なのかなども踏まえたうえで患者様に合わせた入れ歯をご提案しています。

入れ歯

入れ歯合わない入れ歯は、ズレや傷みを起こしますし、あごや胃に負担をかけ、肩こりや頭痛といった不調の原因になることもあります。また、会話や食事を楽しめないなど生活の質を低下させてしまいます。
当院ではさまざまな種類の入れ歯をご用意して、患者様にぴったり合って違和感のない入れ歯をお作りできるようにしています。
現在の入れ歯についてご不満がある方、はじめての入れ歯にご不安ある方もお気軽にご相談ください。

ブリッジ

抜けた歯の両隣の歯を削って橋を渡すように人工歯を入れる治療法です。違和感が少なく、噛む機能の回復度が比較的高く、治療期間も短くてすむため欠損が1本の場合に昔から一般的に用いられてきた治療法です。さらに材料などに制約はありますが、保険適用の治療が可能です。
土台として使える両隣の歯がないとブリッジはできません。また、健康な歯を削って土台にするため、その歯の寿命が短くなってしまいます。入れ歯のようなズレや違和感がなく、噛んだ際の感触も自然です。自然な見た目の回復も可能ですが、保険適用になるのは場所により銀歯のみ、あるいは数年で変色しやすい白い人工歯となっています。

 

保険の入れ歯

保険の入れ歯歯が抜けてブリッジによる治療ができない場合には部分入れ歯による治療を行います。保険適用の治療では、金属製のバネ「クラスプ」で両隣の歯に固定する部分入れ歯になります。保険適用外の部分入れ歯にはクラスプがないもの、見た目や残された歯にかかる負担、噛み心地に配慮したものなどがあります。
歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療を行います。保険適用の総入れ歯は材料がプラスチックと決まっていますので分厚く違和感があり、安定しにくいのでズレや痛みを起こしやすい傾向がありますが、修理が容易で安価というメリットがあります。保険外の総入れ歯はさまざまな素材のものがあり、違和感や噛み心地、見た目、安定感などを高いクオリティで回復することが可能です。

入れ歯には種類がたくさんあります!

ノンクラスプデンチャー

保険適用の部分入れ歯にはクラスプという金属製のバネがあり、これで両隣の歯を支えに固定されます。見た目で入れ歯だとわかってしまうことや、バネのかかる歯に負担がかかり痛みなどが起こることもあるため、会話や食事にお悩みを持つケースもよくあります。
ノンクラスプデンチャーはこうしたお悩みを解消する、金属バネのない部分入れ歯です。やわらかい樹脂を使ったもの、見えない部分で固定するものなどがあり、自然な見た目で入れ歯を安定できます。ただし、クラスプを使わないだけに、歯科医師の入れ歯に関する知識と技術が大きく問われます。ご興味のある方は多くの症例を手掛けてきた当院までお気軽にご相談ください。

ノンクラスプデンチャーのメリット
  • 歯に固定する金属バネ「クラスプ」がありません。
  • 審美性が高く、とても自然な見た目で入れ歯であることがほとんどわかりません。
  • 壊れにくく、軽くて薄いため違和感が少なくなっています。
  • かみ合わせの負担が軽減できるため、残された歯へのダメージが少なくなります。
ノンクラスプデンチャーのデメリット
  • 残存歯が少ないなどの場合には、ノンクラスプデンチャーによる治療ができないことがありあす。
  • 素材の寿命が短いので、数年で作り直す必要があります。
  • 修理できない素材のため、破損した場合には作り直しが必要です。
  • 市販の入れ歯洗浄剤を使用すると破損や変質の可能性があるため、専用洗浄剤の使用が必要です。

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャー入れ歯の裏面を生体用シリコンで覆うことで、入れ歯のズレや痛みを解消するものです。吸着力が高いためフィット感が高く、力を入れて噛んでも負担を和らげるため痛みが起こりにくくなります。現在お使いの入れ歯に加工できる場合もありますので、痛み、うまく噛めない、ズレる、外れるといったお悩みがある場合はご相談ください。

ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャー目立つところに金属バネ「クラスプ」がないので審美性が高く、噛み心地などの機能面でも優れた入れ歯です。ぴったり合わせる調整が難しいため、専門知識を持ち、高い技術のある歯科医師だけが治療可能になっています。保険適用外ですが、高品質な素材で時間をかけてきめ細かく調整してお作りしますのでよりフィットし、自然で美しい見た目を実現できます。

こんな方にミラクルデンチャーをおすすめしています
  • 現在の入れ歯では食事が楽しくない方
  • 入れ歯に違和感がある方
  • 痛みや話しにくさなどを感じている方
  • 何度も作り直し、そのたびにがっかりされている方
  • インプラントができないけれど、見た目や機能の優れた治療をお望みの方
ミラクルデンチャーとインプラントの違い

インプラント治療では、支える土台となる骨の状態、外科手術を安全に行える体質や年齢といった条件をクリアする必要があります。骨の量が少ない場合には事前に骨造成することで可能になるケースもありますが、それでもインプラントができないこともあります。治療期間も長くなり、経済的な負担も大きくなってしまいます。
ミラクルデンチャーは入れ歯ですから外科手術の必要はなく、治療期間も短くできます。また経済的な負担も比較的少なくなっています。

BPSデンチャー

BPSデンチャーBPS(BiofunctionalProstheticSystem)は生体機能的補綴システムの略で、フルオーダーメイドでお作りする精密な入れ歯です。
製作の各ステップに専任のBPS認定歯科技工士が同席し、あごや筋肉の動き、噛み合わせや発音、表情のバランスなどをきめ細かくチェックして調整していきます。
最初の印象採得(型採り)では、オーダーメイドの印象用トレーを用い、口の動きに合わせた何種類もの歯型を採取する機能印象採得を行います。これにより大きく口を開ける、ぐっと噛むなどさまざまな動作が起こった時の状態まで想定して、それに合うように高い精度で入れ歯を作ることが可能になります。高い技術力のある歯科技工士と歯科医師が連携し、高品質な素材を使用して精密に作製することで、噛む機能が高く、審美性にも優れ、違和感が少ない高機能入れ歯を実現しています。

ウェルデンツデンチャー

ウェルデンツデンチャーウェルデンツは長期にわたる研究と臨床試験を経て開発されたまったく新しい無菌性樹脂素材です。しなやかで丈夫であり、軽く匂いが付きにくいため、装着感や審美性、機能性などすべての部分に関して優れた素材です。入れ歯の他に取り外し式の被せ物、ブリッジにも使用でき、金属を使っていないため金属アレルギーの方も安心してお使いいただけます。残された歯への負担も小さく、清潔にしやすいので口内を良い状態に保ちやすいことも大きなメリットです。軽く薄い素材ですが床が割れにくく、変色や臭いもほとんどないため長くお使いいただけます。また、金属のクラスプが必要ないため、見た目もとても自然です。

金属床

人工歯を支える床部分が金属でできています。入れ歯が全体的に薄くなるため異物感や違和感が少なく、会話がしやすい入れ歯を作ることができます。

金属床デンチャーのメリット
  • ほとんどの症例に可能
  • 違和感が少なく会話しやすい
  • 丈夫で割れや変形を起こしにくい
  • 熱伝導に優れているため、飲食物の冷たさ・熱さを伝えやすく食事の楽しみを損ねにくい
  • 汚れが付きにくく、清潔を保ちやすい
金属床デンチャーのデメリット
  • 修理が難しく、補修により床が分厚くなってしまう
  • 歯を失ったあごの骨は痩せてしまうので、定期的に調整をしないと合わなくなる
TEL:047-425-8486 24時間WEB予約